Plan of the soul 魂のブループリント

コミュニケーション時の緊張癖

2021/04/05
対人関係 0
人間関係
身体をかいして問題をみると、違った視点で物事をみることが出来るのかもしれません。

会話の中での2人のズレは、本人たちが自覚するずっと前から始まっていることが、外からみているとわかります。


高石宏輔氏の本より

ズレというか、緊張ですね。その人が部屋に入って近づいてくるだけで、身体が緊張してしまう。周囲にいる人は、そのことが感じられるのではないか、と思います。

苦手な人と接すると、身体がものすごく緊張します。 これは、自分をみていてもわかります。緊張した身体で応対するので、態度も不自然だし、相手の話もじつは聞いていなかったりします。

あと、自分を観察していると、苦手な人が話かけてくると、「どう答えようか」とそっちばかり気をとられてしまったり、ただ単にヘラヘラ笑ってやり過ごすなんてこともしています(汗)。

その苦手な人は、直属の上司なのですが、ちょっとイジメっ子タイプというか(私が勝手にそう思ってるだけかも)、何度か無視されたことがあるので、苦手意識があるんですよね。会話もかみあわないし。

高石さんによると、『自分がいつ緊張しているか、どんなときに緊張するのか知るのはとても大切だ』とのこと。

「コミュニケーションが苦手」と漠然と思ってたとしても、案外ある特定の部分だけだったりすることがあるそうです。私の場合は、その上司プラス他の同僚が一緒にいるときに、緊張度が高まります。

このことを自覚し始めると、緊張した動きは徐々になくなっていくとのことです。

『自覚は大事』(*^-^*)


参考図書『口下手で人見知りですが、誰とでもうちとける方法、ありますか』高石 宏輔著





関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
 エル
Admin:  エル
晩秋の夜明け前の生まれです(天秤座)

モダン(現代)占星術から、伝統(ホラリー)占星術に興味が移りつつあります。

学んだことは、なるべくシェア出来ればいいな、と思っています。
よろしくお願いいたしますm(__)m
対人関係