Plan of the soul 魂のブループリント

リセプションの捉え方

2021/11/26
伝統占星術 0
リセプション
リセプション、伝統占星術ではとても大切な概念の一つです。

引き続き、『元同僚からのお誘いメール、その真意は?』のチャートで、リセプションが起きているかどうか見てみたいと思います。


horoscope-chart8-700__radix_astroseek-18-11-2021_16-22 (1)

カレントの私は、金星と月、元同僚は7ハウスのロード火星です。

山羊座には、ロードの土星、エグザルテーションの火星、タームの水星、フェイスの火星がいて、金星を歓迎しています。(エッセンシャル・ディグニティの表で確認できます)

カレントの金星(私)は、火星にレシーブされていて、金星はセキスタイルのアスペクトを完成させようとしています。なのでリセプションが生じます。



レセプションの意味は、

レシーブする惑星が、レシーブされた惑星に権利を与える。

レシーブする惑星が、レシーブされた惑星に解決策を与える。

レシーブする惑星が、レシーブされた惑星を保護する。

などです。

Kuni.Kawachiさん『占星術講座』サイトより

『レシーブする惑星(火星)が、レシーブされた惑星に権利を与える。』なので、私には、断る権利があるわけです。

この数時間前に、カレント(私)のもう一つの表示体、月が火星とオポジションでアスペクトを組んでいますが、リセプションがないので(おまけにフォール)、お互い接点がない状態です。

元同僚の強い気持ちは、本当に何なのでしょうか。6ハウスに表示体(火星)があることから、あまり生産的な感じではないですよね。元々性格が合わないから、意地悪する気持ちもおきてきたのでしょうから、合わない方が、お互いの為になるといえそうです。


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
 エル
Admin:  エル
晩秋の夜明け前の生まれです(天秤座)

モダン(現代)占星術から、伝統(ホラリー)占星術に興味が移りつつあります。

学んだことは、なるべくシェア出来ればいいな、と思っています。
よろしくお願いいたしますm(__)m
伝統占星術