Plan of the soul 魂のブループリント

関わりたくないモラハラ気質の元同僚への対処方法

2021/11/19
対人関係 0
人間関係 いじめ モラハラ
以前の会社の同僚(同性)から、お茶でもしないか?と誘われています。

一緒に働いていたときに何度も意地悪された人なので、正直、お断りたりしたい。あたりまえ!という声が聞こえてきそうですが(汗)。嫌いな人にもいい顔をする必要はないと、わかってはいるのです。5年間、あまりにもモラハラ気質というか、いじめっ子気質をみてきたので、仕返しが怖いというか、もう関わり合いになりたくない。

石川でカウンセラーをしている方のブログに、次の言葉がのっていました。

愛する人の命を救うためなら殺す用意があると先ほど言いました。他にも、私は付き合いたくない人から手紙が来たりメールが来たりしても「返事をしません」。これは自分の中に「善人」しかいなければ罪悪感を感じてしまうことです。「せっかく相手は手紙をよこしたのだから、返事をするのが礼儀じゃないか」と常識的な善人はみな考えます。ところが、善人の愚かなところは、これを「相手が誰か」を考えず全員に当てはめようとすることです。



常識的な善人(汗)。確かに、そうですよね。相手は普通の人ではないんですよね。

確かに私がその人に返事をしなければ、その人はがっかりするかもしれません。期待を裏切られて傷つくかもしれません。でも、私はその人と付き合いたくないのですから、付き合いたくないというメッセージはどっちみち伝えねばならないのです。それなら「返事をしない」ことでそれを伝えてよいと考えられます。



 「いい人」に拘ることによって自分を不自由にすることは愚かです。悪人から傷つけられる余地を残すからです。なので、いじめられる被害者は、「悪」を適切に用いる練習を重ねることが重要だと思います。



「悪」を適切に用いる。自分には練習が必要ですが、自分を守るために挑戦してみたいと思います。


<参考ブログ>

菅沼亮介氏ブログ『攻撃的な人から離れられない人が「攻撃されなくなる方法」③


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
 エル
Admin:  エル
晩秋の夜明け前の生まれです(天秤座)

モダン(現代)占星術から、伝統(ホラリー)占星術に興味が移りつつあります。

学んだことは、なるべくシェア出来ればいいな、と思っています。
よろしくお願いいたしますm(__)m
対人関係