Plan of the soul 魂のブループリント

元同僚からのお誘いメール、チャートをたててみました。

2021/11/20
ホラリー占星術 0
人間関係 いじめ モラハラ
足のケガですが、やっと違和感なく歩けるようになりました。雨の日は要注意ですね。

以前から、何度も書いている元同僚のAさん。辞めてから5か月近くたつのに、また電話がかかってきました(汗)。

携帯がなっていたけど、Aさんからだ!と思ったとたん、出る気になれずスルーしてしまいました。以前、ホラリーでAさんとの関係をみてもらったんですが、そのときは、彼女はもう私に関心がない、とのことでした。ものすごく安心したのですが、また状況が変わったのでしょうか。

毎日電話をかけてくる同僚に悪意はあるのか?

ホラリー占星術というのは、具体的な質問に答えてくれる実践的な占星術です。実は、自分のことなのですが、元同僚の、毎日のようにかかってくる電話に悩まされていたので、ホラリーで占ってみようと思いました。『同僚に悪意があるかどうか』10ハウス、職場のハウスに、元同僚の天体金星と、カレントである自分の火星が一緒に入っています。パッとみ、なんかありそうですよね(汗)。でも、実際のところはどうなのか、ホラリーの...



とりあえず、メールで何かあったのか聞いてみたら、『一緒にお茶でも~』という電話だったようです。

horoscope-chart8-700__radix_astroseek-18-11-2021_16-22 (1)


カレント(質問者)の私は、アセンダントのロード金星、そして月。Aさんは7ハウスのロード火星です。

カレント私は、9ハウスにいます(5度前ルールで)。Aさんは、私のことが気になるようです。私を表す金星を火星がエグザルテーションでレシーブしています。

Aさん(火星)は、6ハウスにインしています。実はこのハウスにはあまりいい意味がありません。恋愛だと下心ありのハウスです。『お茶をしよう』という彼女のお誘いは、何らかの下心、たくらみがありそうです。

彼女の私に対する気持ちは、不思議に感じます。6ハウスに彼女がいるということは、純粋に私と仲良くしたいというよりは、職場であった彼女からの意地悪を連想させます。

そして、私の気持ちがそのままホロスコープに表れています。6ハウス蠍座にいる火星(元同僚)のことを金星(カレント私)は、快く思っていません(デトリメント)。

元同僚の強い気持ちが何なのか、自分には想像もつきません。たちの悪いいたずらが何度もあったせいで、嫌っているという素振りをまったく見せなかった自分の態度が、「お茶でも~」になったのか、それともホロスコープ通り、何らかの意図が向こうにあったのか謎です。

あと1週間ぐらいで、アスペクトを組みます。6ハウスはケーダントで弱いハウスなので、お茶を一緒にすることはなさそうです。もし、再度お誘いがあっても、全力でスルーしたいと思います。

【追 記】
再度みてみたら、元同僚が6ハウスに入っていることが、とても意味深です。6ハウスには『災いの元、悪い兆し』等、いい意味がありません。(労働のハウスとなったのは、17世紀の頃から)

病気のハウスの6ハウスなのですが、病気になるのは体だけではない、と『星の階梯Ⅰ』(Kuni.Kawachiさん著)にありました。

病気になるのは、体だけではない。お金も、仕事も、心も病気になる。
6ハウスの中に2ハウスのロードを見つけたならば、財布が病気である。
仕事のロードを6ハウスで見つけたなら、仕事の調子がよくない。
質問がワインについてであり、5ハウスのロードが6ハウスで見つかるなら、
年代物のわりに美味しくない。


やっぱり、彼女とお茶しても余りいいことはなさそうです(>_<)

*参考図書
  『星の階梯Ⅰ 天空の神秘』  Kuni.Kawachi(著)



関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
 エル
Admin:  エル
天秤座、夜明け前の生まれです。

18世紀頃まで、ホロスコープは四角形で描かれていたそうです。

自分のMCサビアンが『A man before a square with a manuscript scroll before him.』
(一人の男が巻物を手に四角形の前にいる)
ルディア氏はこの四角形を曼荼羅と訳しましたが、もしかしてホロスコープのことだったのかもしれません。

Kuni.Kawachiさんの元で伝統占星術を勉強中。
ホラリー占星術