Plan of the soul 魂のブループリント

昼と夜のチャートと、ハルブとヘイズ

2021/09/06
伝統占星術 0
ハルブ ヘイズ ネイタルチャート
伝統占星術では、昼と夜のチャートがあります。

ASCーDESCライン(地平線)より、上に太陽がある場合は、昼のチャート。
下にある場合は、夜のチャートです。

これは、自分のネイタルチャートなのですが、

ホールサインハウスシステム

太陽が、地平線より下にあるので、自分のチャートは
夜のチャートになります。

昼の天体、土星、木星は、地平線より下にあるので、
ハルブに該当します。

夜の天体(月、金星、火星)は、地平線より上にはないので、 
残念ながらハルブではないです。

夜になると(太陽が地平線に沈んだあと)、星空がみえますが、
そこに、金星やお月さまが、ないということです。

Kuni,Kawachiさんの『星の階梯Ⅰ』によると、このハルブが1つでもチャートにあると、
幼年時代を生き延びることが出来るそうで、

子供が産まれても、生き延びることが難しかった時代。
こうして、占星術師たちは赤ん坊の未来を占っていたんですね。

自分の場合、ハルブの天体である木星は、男性サインの牡羊座にあり、
土星も、男性サインの水瓶座にあるので、
ヘイズになります。

ヘイズの天体は、

 自分を律することができ、節制できる強さを持ちます。適合性があり、鍛え上げられます。


と、Kuni,Kawachiさんのサイトにありました。

どちらも社会天体で、社会の中で鍛え上げられるという感じでしょうか(汗)。

月、金星、火星は、ハルブではないので、
ヘイズになる要件をみたしていない、ということになります。


【参考サイト】

ハルブ ヘイズ そして、セクト

● セクト (sect、又は、secta)のルーラー レトリウスの書いた、Compendiumに出てくる。昼生まれの人は、太陽、木星、土星が、セクトのルーラーです。夜生まれの人なら、金星、月、火星が、セクトのルーラーです。 ● ハルブ (halb、正確な綴りではありません) アル・ビルニの見解では、『占星術教程の書』 のNo.496で、 「ハルブの惑星は、昼の惑星なら、昼間地平線上に在り、夜地平線下にあること。夜の惑星なら、夜に地平線上に在り、昼地平線下にあること。これをハルブにあると記述する」と書いています。 アル・ビルには、この見解をアブ・マシャー(マシャ・ア・ラーの高弟)から持ってきています。 ウィリアム・リリーはこれを間違って記述し、 「ハルブの惑星は、太陽、木星、土星が昼に地平線上にあり、夜の惑星が夜に地平線下にあることが良いとされる」と、書いて混乱をさせます。こういう時には、彼より、より古い文献を頼るしかありません。リリーは、時々、私たちを混乱させますが、そほ方が勉強が進むのでいいのです。

 


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
 エル
Admin:  エル
晩秋の夜明け前の生まれです(天秤座)

モダン(現代)占星術から、伝統(ホラリー)占星術に興味が移りつつあります。

学んだことは、なるべくシェア出来ればいいな、と思っています。
よろしくお願いいたしますm(__)m
伝統占星術