Plan of the soul 魂のブループリント

超繊細さん文豪ホロスコープ

2021/06/30
西洋占星術 0
HSP 有名人ホロスコープ
世界や日本の文豪、作家のホロスコープを解読しているブログを
見つけました。

文豪とホロスコープその21 萩原朔太郎 - 文豪とホロスコープ

萩原朔太郎は日本の詩人です。 代表作は『月に吠える』『青猫』など。 群馬県の医者の息子として生まれました。 1日に生まれた長男だから、朔太郎と名付けられたそうです。 小さい頃は甘やかされて育てられ、超恐がりで、 小学校時代から気が弱くていじめられっこだったそうです。 大学には何度も入学したものの、何度も落第してしまいした。 原因は人間関係だったそうです。 ですが、詩人としては認められることができました。 萩原朔太郎で詩以外に有名なのは、 かなりの人見知りだったこと、 かなあと思います。 本人も『僕の孤独癖について』という文中で語っています。 昔から一人で過ごす方が気が楽、 と言っているわりに、…

 


やはり、自分が好きだった作家さんのホロスコープは興味深いですね。

なかでも、萩原朔太郎。
若い頃、よく読んでいました。

太陽は蠍座なんですね。出生時間は不明なので
正午で作成。

萩原朔太郎
高機能 占星術ソフト『アマテル』

萩原朔太郎(4区分他)

思ったより偏りは、少ない感じですね。
太陽、水星が入っているので、蠍座の気質は強いほうだと思います。

内面的には、孤独をかかえていた人だったのかもしれないけど、
室生犀星とは、生涯、親友の仲だったし、
当時の文豪たちとも、交流があったみたいです。

このブログ主さんも書いていますが、
蠍座水星と海王星、冥王星がオポジション。

蠍座の水星はけっこう慎重派で、人に容易く心を開かないのですが、

それが海王星、冥王星で増幅されている感じですね。

水星と海王星は、話している間もあれこれ想像とか妄想することが好きで、

水星と冥王星は、人の気持ちを先読みすぎて苦しむことが多いというか、

そんな感じがします。

相手の気持ちや感情を気にしすぎて、人と一緒にいるのが苦痛に感じる。

前述した『僕の孤独癖について』でも、だいたいそういうことが書いてあります。



萩原朔太郎の詩はけっこう独特で、

神経質で、病的なほど繊細と評されています。


そうだったんですね~。
あまり評価とか気にしないで読んでたけど。

金星期に読んでいた記憶があります。
何か惹きつけられるものが、
あったんだと思います。

なかでも、一番好きだった詩。
『風船乗りの夢』 (詩集『青猫』より)です。


夏草のしげる叢から

ふはりふはりと天上さして昇りゆく風船よ

籠には旧暦の暦をのせ

はるか地球の子午線を越えて吹かれ行かうよ。

ばうばうとした虚無の中を

雲はさびしげにながれて行き

草地も見えず 記憶の時計もぜんまいがとまつてしまつた。

どこをめあてに翔(か)けるのだらう

さうして酒瓶の底は虚しくなり

酔ひどれの見る美麗な幻覚も消えてしまつた。

しだいに下界の陸地をはなれ

愁ひや雲やに吹きながされて

知覚もおよばぬ真空圏内にまぎれ行かうよ。

この瓦斯(ガス)体(たい)もてふくらんだ気球のやうに

ふしぎにさびしい宇宙のはてを

友だちもなく ふはりふはりと昇つて行かうよ。



この詩を読んでいると、不思議と脳裏に浮かんでくる曲があって、

サティ、ジムノペディ第1番。

 

朔太郎氏は、学童期に各地を転々とし、サティもまた、子供の頃に度重なる転居を強いられたそうです。

朔太郎氏は、月と天王星がスクエア。
サティは、月が天王星とコンジャクションしています。

意外と、共通点があるものですね。







関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
 エル
Admin:  エル
晩秋の夜明け前の生まれです(天秤座)

モダン(現代)占星術から、伝統(ホラリー)占星術に興味が移りつつあります。

学んだことは、なるべくシェア出来ればいいな、と思っています。
よろしくお願いいたしますm(__)m
西洋占星術