Plan of the soul 魂のブループリント

トランジット天王星で出来た占星術との縁①

2021/03/18
西洋占星術 0
天王星 グランドトライン グランドセクスタイル
トランジットの天王星、2019年3月6日に牡牛座入りしてたんですね。

山羊座の月、ネイタルの天王星とゆるくアスペクトを組みだしたのが、同じく2019年5月くらいからです。


t天王星2019


この年に何があったのか、自身のブログを見ながら検証してみました。

この年の秋に、K's Fortune Laboさんのサイト(占星術)を読み始めています。このサイトとの出会いが本格的な占星術との出会いといえると思います。

2020年の春分の日、天王星は牡牛座5度。グランドトラインの度数がどんどんタイトになってきています。

立ち上げから、一緒に仕事をしてきた上司の移動がありました。この方とはあまり相性がよくなくて、精神的にとてもきつかったので、それが解消されホッとしたのを覚えています。

そして、たびたびあった同僚Aさんの意地悪が、どんどん激しくなり、余りにも辛かったので占星術の桐吉謳子(うたこ)先生に相談したのが5月頃です。

その時は、多重YODのことをお聞きするつもりだったのですが、そのときの鑑定で初めてグランドセクスタイルがあることを知りました。占星術の鑑定を受けたのも、このときが初めてです。

バーテクスという感受点を、一角とするかどうかは、占星術師さんによって違うようです。

この、ものすごくレアな複合アスペクトは、ミスティックレクタングル、小三角形等、様々なアスペクトも同時に作ります。

そして、この年の8月からゼファーさんのところで、占星術の勉強を始めることになります。(これが、なかなか難しいのですが 汗)

このt天王星は、まさに象意通りの『占星術』との出会いになりました。 



関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
 エル
Admin:  エル
晩秋の夜明け前の生まれです(天秤座)

モダン(現代)占星術から、伝統(ホラリー)占星術に興味が移りつつあります。

学んだことは、なるべくシェア出来ればいいな、と思っています。
よろしくお願いいたしますm(__)m
西洋占星術