Plan of the soul 魂のブループリント

星の軌道が描く、神秘の図形

2020/09/08
西洋占星術 0
金星
地球は365日かけて太陽のまわりを一周しますが、金星はさらに内側にあるので225日で、一周するみたいです。

地球ー金星ー太陽が一直線に並ぶのは、約564日ごとで(内合)、
それを5回繰り返すと、元の位置に戻ります。

それを現したのが、下のYouTubeです。↓



綺麗にペンタグラムが出来ていますね。

私も、ネイタルホロスコープに多重YODによる五芒星を持っていますが(変形ですが)、
これは、惑星が描く図形なので、めちゃくちゃスケールが大きいですね(笑)。

ちなみに、日本で呼ばれているこの金星の名はどこからきたのかというと、中国の5行思想にかかわりがあるそうです。

中国では、古くは、宵の明星と暁の明星とを別々の星と考えており、明けの明星を「啓明」(けいめい)、宵の明星を「長庚」(ちょうこう)、と呼び分けていた。

by ウィキペディア

庚がつくんですね。実は、四柱推命でいうと私の日干は庚なのです。
ここにも、不思議な共通点が(偶然だとは思いますが 笑)。

このペンタグラムを描く金星と地球の軌道を、星のダンスだと書いてあるブログがあったけど、本当に見事な図形ですね。金星は、私達の地球と、とても関わりあいの深い惑星なのだと思います。


実際は、下の動画のように花びらの形になるようです。↓





もう、神秘以外の何物でもないですね 

Wonderful !!!



関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
 エル
Admin:  エル
晩秋の夜明け前の生まれです(天秤座)

モダン(現代)占星術から、伝統(ホラリー)占星術に興味が移りつつあります。

学んだことは、なるべくシェア出来ればいいな、と思っています。
よろしくお願いいたしますm(__)m
西洋占星術